So-net無料ブログ作成
検索選択
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジョニーデップが泥酔で放送禁止用語を連発する動画 [芸能]

アメリカの俳優、ミュージシャンのジョニー・デップが、アメリカ現地時間14日にハリウッド・パラディウムで行われた第18回ハリウッド・フィルム・アワードで泥酔した状態で登壇し、放送禁止用語を連発する失態を演じ、話題を呼んでいる。動画がインターネットに動画が公開され、ジョニー・デップのイメージダウンが避けられない。

Johnny_Depp_2,_2011.jpg
【画像引用】Wikipedia


ジョニー・デップの来歴


ジョーニー・デップは、アメリカ・ケンタッキー州出身の51歳。
土木作業員の父とウェイトレスの母の下に、4人兄妹の末っ子として生まれる。

少々期は、家庭の事情で転居を繰り返していたとのとだが、7歳の時にフロリダ州に定住。
1978年に父ジョン・クリストファー・デップと母のベティー・スー・パーマーが離婚。
いまは、映画俳優として華やかな活躍を見せるジョニー・デップも、青年時代はどん底とも言える怠惰な生活を送っていたようだが、親友との死別をきっかけにきっぱりと足を洗うい、16歳の時に高校を中退し、ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。

音楽活動では、「The Kids」というバンドのリードギターを努め、商業的にも成功を納め、その後、「Six Gund Method」と改名し、多くのバンドとのコラボレーションを行ってきた。
俳優活動が有名なジョニー・デップだが、自らレーベルを立ち上げ、新人発掘を行うなど音楽活動でもその才能が認められているようだ。

20歳の頃にメイクアップアーティストのロリ・アン・アリソンと結婚し、その元彼氏であったニコラス・ケイジのス勧めが俳優への転身のキッカケとなったとのこどだ。

俳優としては、1990年公開の『クライ・ベイビー』が映画初出演。その後、同年公開の『シザーハンズ』が大ヒット。『ギルバート・ブレイブ』、『エド・ウッド』などの出演で実力を開花させ、映画『ブレイブ』では監督としても高い評価を得て、ハリウッド・ウォーク・オフ・フェームに名前が刻まれる。

そしてジョニー・デップといえば、なんといっても『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで演じるジャック・スパロウ役。
クールで、ユニークな海賊キャラクターがはハマリ役で、世界的な規模での名声を獲得した。

ジョニー・デップの泥酔で放送禁止用語連発



そんな人気俳優のジョニー・デップが、アメリカ現地時間14日にハリウッド・パラディウムで行われた第18回ハリウッド・フィルム・アワードで泥酔した状態で登壇し、放送禁止用語を連発する大失態が、テレビで生放送されたことから話題になり、インターネットに公開された動画の話題が話題を呼び、世界中に知られることになってしまった。


この日、ハリウッド・ドキュメンタリー賞のプレゼンターを務め、壇上にあがったジョニー・デップは、もうのっけからふらふら状態。
ジャック・スパロウのような奇妙な動きは、一流俳優が見せる渾身の演技かと思いきや、もうすっかり泥酔状態で、ロレツも回らず、途中から何を言っているのか支離滅裂になり、放送禁止用語を連発。

最初は笑いが起こっていた会場の観客も徐々に引き気味に。
放送禁止用語を連発して、自分でもヤバイと思ったのか、口を抑えてしまったという表情を浮かべるなど、もう無茶苦茶な大失態。

ジョニー・デップの泥酔で放送禁止用語の動画



ジョニー・デップの泥酔は今回が初めてではないようだ。
こちらは2011年10月のニューヨークでの様子。

wenn5744978.jpg
【画像引用】celebitchy.com

外でファンに向かった歌い出したりと。愉快なパフォーマンスみせ、楽しませてくれたようだ。
こちらがそのジョニー・デップが泥酔して放送禁止用語を連発しているコミカルな動画。
ほどほどにね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。